基礎体温ばかりにとわられないで

acd3dbae5b2b5e64cd2a3e2d109f05bc_s

妊活というと皆さん基礎体温を計ることから始めると思います。

ただ知っていて欲しいのは、基礎体温と言うのは、前日の就寝した時間によっても変わってきますし、起きたときの室内の気温でも変わってくるという事です。

一番知りたいのは排卵日だと思います。

人によって体温が下がって上がるときに排卵している人や、1番低い時に排卵している人など、人によっても違うということです。

体温だけに目をとられていくらタイミングをとっても妊娠しないと言うことも出てきます。

ただ1番参考になるなぁと思うのは、排卵日を過ぎて高温期が2週間以上続いているときは、妊娠している可能性があるということです。

妊娠しているかどうかを調べる時は、高温期が2週間以上続いたら妊娠している可能性がありますので、排卵後も体温を測っているととても参考になると思います。

妊活始めて最初の数ヶ月は体温を測って自分の排卵日のタイミングを知ることも大切だと思いますが、あまりにも体温も毎日測っていると、それもストレスになり妊娠しにくくなる可能性も出てきます。

妊活を始めて最初の数ヶ月は体温を測って自分の排卵日のタイミングを知ることも大切だと思いますが、毎日測ると、ストレスになる可能性も出てきますので、ある程度自分のリズムがわかったら体温を計るのを一度止めてみるのも良い方法だと思います。

そして病院に行った時にも、同じように基礎体温を測ってきてと言われると思いますので、今まで計った体温をグラフにしてまとめて持っていくととても便利だと思います。

あと基礎体温があまりにも低い人は、妊娠しにくい言われてますので、基礎体温が上がるように運動をしたり、食べ物で注意したり、冷えないように注意したり、ストレスをためないような生活を心がけることもとても大切だと思います。

何よりも1番大切なのは、自分自身がストレスを溜めずに、基礎体温の数字ばかり見ずに、自然な感じで妊活することが1番大切だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする