妊娠を希望するなら食べたい食べ物

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

妊活と言っても自分で出来ることはいろいろあります。

その中の一つ、妊娠しやすくなる体作りを補助する食べ物について紹介します。

効果のある食べ物

妊娠しやすくするためには女性ホルモンの働きを正常にすることが大切です。

女性ホルモンを正常化させることで、美容や健康にも影響します。

一般的に女性ホルモンに効くとされる栄養素は、「イソフラボン」「オメガ3系の脂肪酸」「ビタミンB6などのビタミンB群」「ビタミンE」「良質なコレステロール」などが上げられます。

イソフラボンはとても有名です。

豆腐や豆乳に多く含まれ、女性ホルモンの一つであるエストロゲンに近い働きをすると言われています。

オメガ3系の脂肪酸はナッツなどに含まれます。

脳に働きかけストレスを解消することが出来るので、ストレスに過敏なホルモンへの悪影響を避けることができます。

ビタミンB群、とくにB6はホルモンを代謝させるのに役立ちます。

中でも、葉酸やビタミンB12は妊活や不妊に必要になります。

参考サイト:妊活サプリランキングのサイト

上のサイトから葉酸サプリを選び、自分に合ったものを見つけました。

規則正しいホルモンの働きを助長させるので、豆乳などを取ることをおすすめします。

ビタミンEはホルモンの分泌を調整することが出来る栄養素です。

かぼちゃなどの緑黄色野菜に良く含まれて居ます。

コレステロールと言ったら体に悪いイメージがありますが、良質なものを適度にとることは体を作るうえで必要不可欠です。

特に卵に含まれるものはホルモンの材料にもなるので是非取っておきたい食品です。

そのほかに積極的に取りたい食べ物

妊活にはホルモンのバランスだけが大事ではありません。

排卵機能を正常化することがホルモンのバランスとすると、排卵後成長を促進させるにはホルモンだけでは物足らないのです。

特に大切なのは体を温めることです。

温活とも言われますが、体を温めることで排卵した卵子を成長させることができるのです。

そのためには、アルコールやカフェイン、糖分、塩分などの摂取を控えることが大切です。

味に物足りないなと思ったら生姜やハーブなど、香りを楽しむようにすると良いです。

妊活は何からやっていいかわからないと言う人も、これらのことを日常生活に少し取り入れることでモチベーションも上がります。

是非挑戦してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする